Edge on Colors 2008)

  1. 1.Elm Green    - Prelude -

  2. 2.Lapis Lazuli    - Air & Sequence -

  3. 3.Madder Red    - Finale -


Piano solo: Yuko Miyakai


February 22nd 2009 at Ibaraki City
“10th Creative Concert”

 

エッジ・オン・カラーズ (2008)


1. うぐいす色の  – プレリュード –

2. 瑠璃色の  – エアとシークエンス –

3. あかね色の  – フィナーレ –



自然はしばしばその繊細な彩りによって、私たちに“神秘”の気配を感じさせてくれます。例えば「うぐいす色」は“森”の、「瑠璃色」は“石”の、「あかね色」は“空”の、それぞれの持つ多層なピクセル(画色素)によって。

それは、音色や響きの諧調が与えてくれる“楽興”と、どこか似ているような気がします。

この曲は、そんな三つの彩り=「色の階調」の名をタイトルに持ち、またサブタイトルが示すようにいくらかコンサヴァティヴ(古典的)なたたずまいを持った三楽章から成っています。


第一曲は、一貫して続く八分音符の綾なすロマン的な響きの移ろいがミニマル風のフレーズと合わさって、後に続く楽章への前奏曲となります。

内省的なうたで始まる第二曲は、素朴でナイーブな表情を保ったまま、アドリブ的なシークエンスへと変化していきます。

終曲は神秘的な導入部に始まり、速いパッセージや激しく踊るようなモチーフが交錯した後、最後は晩鐘を思わせる和音とドローン(持続音)の連打のうちに終わります。


 
次へ >>A_Dance_upon_the_Air.htmlA_Dance_upon_the_Air.htmlshapeimage_3_link_0
<< 器楽作品のページへInstrumental_Piece_Samples.htmlInstrumental_Piece_Samples.htmlshapeimage_4_link_0