A Catalog of Children's Songs 2008)

  1. 1.Dan_dan uta

  2. 2.Futon_no_umini

  3. 3.Sotto uta

  4. 4.Manju

  5. 5.Mandara uta

  6. 6.Dearu to arude


Female chorus: Aeolian

Conductor: Mitsukazu  Suwaki


November 15th 2008 at Itami Hall
“Crescent Harmony 5th Memorial Concert”

 

わらべうたのカタログ (2008) ―女声合唱団エオリアン創立25周年記念委嘱作品―
 詩:谷川俊太郎 


1. だんだんうた

2. ふとんのうみに

3. そっとうた

4. まんじゅう

5. まんだらうた

6. であるとあるで



《わらべうたのカタログ》は、谷川俊太郎著『わらべうた』から9編の詩を選んで作曲した、全8曲(初演版)からなるア・カペラ女声合唱曲集です。

ここにはいろいろなスタイルの合唱があります。子どもの手遊びのような歌に始まり、優しい叙情、ゲームのような歌、ユーモア、ことば遊び、ちょっとコンテンポラリーな曲など。もちろんオーソドックスな合唱曲もあります。そんな曲調にちなんで、タイトルに「カタログ」という言葉を付け加えました。

ではなぜ“わらべうた”を女声合唱で歌おうとするのでしょうか?

この委嘱を受ける数年前から、私は「現代におけるわらべうた」というアイデアを抱いていました。そして本や資料を読んでテクストとして魅力的だったのが、谷川氏の創った『わらべうた』でした。子どものわらべうたを祖型としながら、実は大人の心も楽しませるユーモア、言葉の響きがあり、またシンプルな情感に満ちた詩集だからです。

わらべうたは子どもだけが歌うのでない。子どもの精神を取り戻した大人たちによって、ステージ上で“現代のわらべうた”が歌われたら……。ひょっとしたらそれは、私たちの過ぎしあの頃の生活もそうだったような、うたと遊びのささやかな祝祭になるかもしれません。

エオリアンのたおやかな歌声と優れた合唱表現によって、あの生き生きとした懐かしい情景がよみがえれば、と願っています。

 
次へ >>Hushaby_Songs_chorus_version.htmlHushaby_Songs_chorus_version.htmlshapeimage_3_link_0
<<声楽・合唱作品のページへVocal_and_Choral_Piece_Samples.htmlVocal_and_Choral_Piece_Samples.htmlshapeimage_4_link_0
  1. Dan_dan uta

  1. Sotto uta

  1. Futon_no_umini

  1. Dearu to arude